読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

柔道に失礼

そんな訳で今日のARC-Ⅴは世界卓球の放送によりお休みです


んで思い出したんですがゼアル信者さんが得意な意味不明の理論「尺が足りなかった」(確実に要らなかった回に目を向けず、というか要らなかった回など無いと思い込んでいる)の中に「柔道で潰れたから」というのがあるんですが1話であそこまでゴミと化すアニメって何なんでしょうね。ゴミに失礼ですよ


ゼアルって要らない回盛り沢山なんだよね。最後まで一切活躍しなかったアンナの専用回とかⅠで役目を終えたトロン兄弟に6話も使ったり設定破綻により遺跡編の存在そのものとか遺跡編入るまでにあった回沢山とか結局貰った2枚のカードも使う機会が無かったので決闘庵でのしょうもないシーンとかそもそもベクターとの友情(明らかなシーンの少なさとそれによる説得力の無さ)云々による数十話とかぽんぽん蘇るアストラルのせいでアストラル世界に行ってる間の話とか全体的に必要の無い回で形成されてるんだよね。んでこれ消したら余裕で40話くらい生まれる訳よ
40話もあれば色々できただろうね。まぁその内4割くらいは緑色のダッチワイフに使うんだろうけど


で話を戻してARC-Ⅴが世界卓球で潰れた訳ですがこれで数年後ARC-Ⅴが見事に綺麗に完結したらゼアル信者さんどうするんだろうね。今度はどんな言い訳という名の矛盾生産をしてくれるのかな、楽しみで仕方ないよ