見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 27話 出場資格忘れて大会に遅刻した奴がいたらしい

漢権現坂とのデュエルを制し1週間、とうとうジュニアユース選手権が始まる。


ここで柊塾長からジュニアユース選手権の説明。
ジュニアユース選手権は「舞網チャンピオンシップ」に含まれる部門の一つであり、恐らく中学生以上が参加できる部門
ジュニアクラス・ジュニアユースクラス・ユースクラスの3つのクラスがあり、そこに集まったデュエリスト達が優勝、そしてプロ目指して塾生徒だけでなく日本、そして世界中から集まってくる
LDS本社があるから舞網市主催なのだろうか。まぁそうだとしたら舞網市に塾が多いのも納得だけど。

こういう大会見るとバトルシティ編を思い出すね…


赤馬すっげぇ人気だな。モブのセリフ曰く舞網チャンピオンシップ全ての部門で優勝し、15でプロ資格を取り、現在はLDSの若手社長と「生ける伝説」と呼ばれているらしい。んであまり人前に姿を見せないと。


問題児方中ミエル1週間で6連勝して見事出場。更には漢権現坂も出場。しかし彼は50戦したにも関わらず6割に到達したって言ってるけど何がどうなっているんだ…


遊矢の思い出。今自分が座っている橋で、父に言われた「遊矢は遊矢らしさを大事にするんだ」というセリフ。そして母の父に伝えたいことがあるならスタジアムでという後押しもあり、覚悟を決めた遊矢。
この回想がストロング石島とのデュエルを控えた前日であり、遊勝は勿論そのデュエルに行くつもりだったらしく、行方不明になったのは予想外または第三者による手引きと見ていいのだろうか。


出場塾が次々と現れるが梁山泊やらビックリだのデュエルっ子だの色物すぎるだろ。炎星でも使うの?



あの夜、隼が赤馬と交わした契約は「舞網チャンピオンシップに出場し、赤馬零王と戦うための精鋭集めを手伝う」ことだった。ここで飛び出す「本物の融合召喚」という発言。この世界に集まっている融合召喚は紛い物?


そして恐らく最後になるであろうニコの課題、緊張に負けない。敢えて何も言わず遊矢に選手宣誓をさせ、沢山の人前でも緊張に負けない勇気を試す。


そして明らかに仕組まれた対戦相手。遊矢vs沢渡・柚子vs真澄・漢権現坂vs暗黒寺・素良vs隼。これ展開的に素良に勝ち目あんのか?
ほいで完全に記憶を弄られているLDS3人組。3人の中では隼はもともとLDSエクシーズコースの生徒であり、中々の実力者と認識されてる模様。


長い時間をかけようやく決まった遊矢の目標、皆がデュエルを好きになってもらうデュエリスト。父が楽しませるデュエリストであったが、それと違う、自分だけのデュエリストを目指す。


ジュニアクラスのリアル・ソリッドビジョンはスポンジのように柔らかいってマジ質量じゃねーか。ぽよんぽよん跳ねる光景はシュールの極み。


そんな訳で1クールかけて大会が開幕。果たして遊矢はプロになれるのか、沢渡はペンデュラムカードを引っさげてやって来るのか、赤馬の目的、素良の正体と気になることが目白押し。



なんか僕のアカウント晒されてて爆笑してる。アンチの民度ってなんだよ、アンチ=正義だとでも思ってるのかな
ぶっちゃけ自分が気に入らないから晒すってゼアル信者と変わりませんね!

っていうか大して影響力の無い僕のアカウント見つけたってことは毎日「ゼアル信者」とか「ゼアルアンチ」でエゴサしてるのか…怖いな