見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 34話 これから毎日ハートランドを焼こうぜ?

ライズファルコンにより素良のモンスターが全滅、そして隼の出身が少し分かり始めた前回。



可愛い可愛いと言っていた子供達が泣き出すような融合モンスターを積極的に出していくスタイル。
物凄く荒っぽいデュエルになってくぞ素良よ。個人的にデストーイ・チェーンシープは怖かったです。


覚悟はしてたけどRUMも出しちゃうかぁ…見たくなかったなぁ…まぁ即RUMとか素材沢山RUMとかじゃない分マシか。

今回で固まったが取り敢えず隼のデッキコンセプトは「反逆」。お世辞にも攻撃力は高くないが秘めた力、つまり効果でで強い相手を次々と薙ぎ払う。
決して仲間を見捨てる事なく、たとえ死してもその意志を継ぎ進化して逆襲する反逆の翼、RR。

あ、あとLDSではRUMは存在してないってさ。んで隼は北斗の憧れなんだって。



何か最初の方は子供が楽しんでたのに後半は大人達がド派手なデュエルを楽しみ、最後には誰もが絶句し拍手も声もないような結果となった。やっぱ目に見える破壊というのは恐ろしい。

素良は切り札まで出し勝利を確信するが、結果的にランク6RR-レボリューション・ファルコンによりデストーイ・マッドキマイラを破壊されバーンダメージで敗北。最後に素良はアクションカードを手にしていたが、発動条件が合わなかったのかそれとも間に合わなかったのかは不明。

随分と前に素良が異世界出身とは分かっていたが、やっぱり何か隠してたね。
発言から推測するに素良はユートや隼の世界、つまりハートランドでエクシーズ狩りをしていたアカデミアの一員。
何故人にデュエルを教える場所であるアカデミアが狩りを行うに至ったのか、何故エクシーズ使いを狙ったのか、どうして素良が遊矢の世界に来たのかは現在不明。
そう考えると柚子に融合召喚教えたのも隼達を挑発するためだったのだろうか…

キャンディ舐めながらでも勝てると言いながら粉砕し、余裕と言いながらすぐに厳しい顔付きになり、遊びと言いながら敗北。最後は倒れ、去っていく隼の背中を見ることしか出来ない素良。なんちゅー皮肉というか隼の逆襲がようやく一つ叶ったというか…


前の試合の遊矢vs沢渡とは逆のベクトルを突っ走った今回のデュエル。
建造物を次々と破壊し、視界に入ったモンスターは全て駆逐、明らかに相手を戦闘不能にするかだけを突き詰められた攻撃に近代兵器が飛び交う。
エンタメデュエルはどっかに行き、煽り、やりかえしたデュエル。夢である楽しいデュエルを真っ向から否定するような内容に「こんなのデュエルじゃない…!」としか言えない遊矢。


…にしても素良に顔芸させた意味とハートランドを出した意味は何だったんだろうか。
別に顔芸させなくても良いんだよ。こういうのとか

f:id:spada_riri:20141205131425j:plain

でも十分その人の悪意は感じられるんだよね。


次回は素良とユートのデュエル。そこにようやく、本当にようやく遊矢とユートが対面する。果たしてこの邂逅がどんな結果になるのか。

しかし来週はおやすみです!