読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

アア、オワッタ・・・・・・・・!

ARC-Ⅴ 52話 2着目の服を欠かさないセレナ

f:id:spada_riri:20150420025116j:plain

f:id:spada_riri:20150420025326j:plain

ランサーズには勝てなかったよ…


遊矢と赤馬零児のデュエルは圧倒的な実力を見せつけ赤馬の勝利に終わった。赤馬は倒せず、柚子は救い出せない事実に悔しさを隠せない遊矢。


何だかんだで終わっていた舞網チャンピオンシップ3回戦。勝者を会場入り口から入場させ、敗退者は現地解散したってことで消滅したことを隠蔽する運営陣。梁山泊塾の2人は何処へ行ったのだろうか…

やっぱりそこには観客から見たら1回戦で敗退した沢渡がいる訳で、沢渡に対して権力やら何やらで無理やり参加したと飛んでくるブーイング。どんだけ人望ないの沢渡の父親…
怒り爆発マイクを奪い否定しようとしたその時、赤馬母がジャック。舞網チャンピオンシップの中止と共に遂に会場、それだけでなく地球全土に異次元の存在が明かされる。
誰一人として信じようとしないが、映像も全て公開する赤馬母。どよめく会場に加えて遊矢達の激闘を公開し、市民の戦意を掻き立てランサーズを英雄達の組織として祭り立てる。
そしてLDSを異次元世界と戦う教育に力を入れることを宣言するけど、上手くランサーズを広告塔みたいに使ったな赤馬母よ…
にしても久しぶりですね真澄と刃。


「ランス・ディフェンス・ソルジャーズ」で「ランサーズ」。頭文字を取ると「LDS」。赤馬直々に姿を見せ、LDSを防衛の最前線に立つことを宣言。自身も戦う姿勢を見せることで、全世界の人間の高揚とランサーズのコールは収まることを知らない。ダークネェース…

f:id:spada_riri:20150420013412j:plain


セレナは恩人である柚子を助けると決め、自分の故郷と戦うことも構わないとランサーズに加入を決意それもあってか全てを隠さず柊塾長たちに柚子が消えたことを明かす遊矢。
聴かされた側からしたら何もかもが唐突かつ意味不明だが、真っ先に異次元の連中を倒して柚子を助けに行くと声を荒げ遊矢に柚子の居場所を教えるように迫る修造。しかひ柚子を助けに行けないと知り、怒りと悔しさに身を震わせる。涙を流しながら遊矢を責めるフトシ達。
どんな事をしてでも柚子を助けると決めた遊矢はランサーズに加入することを宣言するが、「敵として素良を倒すのかい?」という洋子さんの問いに迷ってしまう。遊矢を引きずり、塾長たちも呼び何処かへ向かう洋子さん。


荒らされ寂れたゲームセンター。そこに現れたのは特攻服を纏いサラシを巻いた洋子さんもとい舞網クイーンズの総長「流れ星洋子」がバイクで参上。ライディングデュエル!アクセラレーション!(しない)
「洋子さんはヤングの頃、舞網市内にその名を轟かせたレディースチームを率いていたんだぁ…!」(談:柊修造)


遊矢の疑問に一切答えることなくアクションフィールドを発動しデュエルを開始する流れ星洋子。Dホイール(バイク)で遊矢を追いかけ回し、かつての自分を語る。プロデュエリストにも勝てる自信があるまでにデュエルを戦いの道具・自分の象徴として使い続けていたらしい。

なんかどんどんスケールでかくなって来てかつてのチームサティスファクションみたいなことやってんぞ流れ星洋子!常にデュエルしてチームぶっ潰しまくって卑怯な手段で挑まれるとか解散一歩手前じゃないか!

f:id:spada_riri:20150420025347j:plain

f:id:spada_riri:20150420011925j:plain


そして遂に人質を取られ、5対1でのデュエルを強制される流れ星洋子。そこに現れデュエルを喧嘩の道具じゃない、楽しくデュエルしようと語るタキシードの男。
かつての自分を語りながらデュエルを進める流れ星洋子。次々と召喚されるレディースモンスター。「爆走美神 伝説総長烈怒宮偉陰」の効果でEMモンスターはコントロールを奪われ、一瞬でピンチになる遊矢。そして流れ星洋子が発動した魔法カードはデッキにはまるで似合わない、笑顔の溢れる「スマイル・ワールド」。EM達も、目力とドスの効いた声でEM達のコントロールを奪った烈怒宮偉陰もが笑顔になっていく。
かつてこのカードを使ったのは楽しいデュエルで皆を笑顔にし、流れ星洋子の心を奪ったデュエリスト、榊遊勝だった。。