見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 53話 黒咲ニュータイプ説


f:id:spada_riri:20150428023947j:image

赤馬もといLDS特性新型デュエルディスク、なんと従来のデュエルディスクに加え
・単機でアクションフィールドを展開出来る
次元を跳躍出来る
・異次元でもデュエルが出来る
というスペシャルチューンナップ。しかも遊矢は夜中までデュエルしてたから一晩で組み上げたと思われる超スピード。どんどんLDSから不可能なことを探す方が難しくなってくるぞ


世界に異次元の存在が明かされた。柚子を救い出すためランサーズの加入を決意した遊矢。しかし未だ迷いを吹っ切れないでいる遊矢に喝を入れるため、母洋子もとい流れ星洋子がデュエルを挑む。


「デュエルは人を幸せに出来る!皆を笑顔に出来る!デュエルは、人と人を繋ぐ架け橋になる!俺はそう信じる!」
遊勝と洋子さんの運命の出会いからすぐにLDSによりリアル・ソリッドビジョンシステムが開発され、アクションデュエルが幕を開けた。かつてのアクションデュエルはパワーカードをぶつけ合い派手さを競うデュエルだったらしい。

f:id:spada_riri:20150428122558j:image

f:id:spada_riri:20150428122704j:image

しかしそれをひっくり返し、現れた新星が榊遊勝。以降の活躍は塾長のお話をご覧ください。


いつの間にか「ペンデュラム」を「力」として、「自分のために」使っていた遊矢。
しかしかつての遊勝は違った。自分の決意を胸に、皆を幸せに、笑顔にするためエンタメデュエルを貫いた。全く逆の方向へ向けて走っていると指摘する洋子さん。

マジで産まれた時からブレスレット持ってたんですね柚子…そして子持ちデュエリスト柊修造。
一応塾長もプロとしてデビューしてたんですね。引退パーティ開いて結構人が集まるくらいには人気だった模様。
しかし何故柚子の母親は登場しないのだろうか。回想シーンでありながら一切姿を見せないし、赤ん坊の柚子を背負いながらデュエルしてる辺りもしかしなくても母親はいない?


洋子の言葉から自分がどう在りたいのかを答えを出し、いつもの自分を取り戻す遊矢。
ペンデュラム召喚、そしてオッドアイズ。ここからペンデュラムの先に行くかと思われたが、マジカル・スカイ・ミラーにより墓地のスマイル・ワールドを発動し、人もモンスターも全てを笑顔にするデュエルで見事流れ星洋子に勝利。

デュエルの終わりと共に遊勝と洋子の想いを乗せたスマイル・ワールドを託される。いつか遊矢に必要になると言い残していたらしいが、これは自分が失踪することが分かっていたと言うことなのかそれとも。
全てを倒し柚子を救い出すではなく、皆を笑顔にして柚子を助け帰ってくると宣言する遊矢。もう不安はなさそう。


遂に正式に結成されたランサーズ。早速融合次元に乗り込むかと思わせシンクロ次元に行く変化球。
現状融合次元に勝てないと見込んでいる赤馬は全く異次元の干渉を受けていないシンクロ次元へ行き、同盟を結ぶことを最優先としたが、やっぱり黒咲はキレながら猛反対。
加えて零羅まで加えると聞き更に怒り、ピクニックに付き合ってられないだの貴様と組んだのは間違いだった1人融合次元に乗り込むと去ろうとするが、セレナからの説得とルリが無事であるという確信を聴かされ、不本意ながら付いて行くことに。
しかし赤馬のエクシーズ次元のデュエルディスク発言からダークリベリオン纏めてデュエルディスク丸ごとユートから奪い取ったのではと遊矢に対しても突っかかるが、遊矢の心にいるユートの説得を受けこの場で争うことをやめる黒咲。
出発前にケンカ腰なんだけど大丈夫なのかこの組織…いい加減遊矢と黒咲は話し合いの場を設けたほうがいいと思うんですよ…


シンクロ次元の座標をインプットされたカード、ディメンション・ムーバーを発動し、遂にスタンダード次元から旅立つ8人のランサーズ。
一方旅立つ遊矢に立ち会うことが出来ず、遊勝塾の前で見送ろうとする遊勝塾の面々。そこにニコが現れる。無事に帰って来てくれると自身に満ちた言葉を共に、次元の旅に出る遊矢を想う皆。遊矢達の次元を越えた長い旅が始まる。