見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 60話 とびだせ!シンクロ花札道中記

f:id:spada_riri:20150619233612j:image

デッキ38枚の漢権現坂とデニスの明日はどっちだ



ライディングデュエルしてたら逮捕されたデニス一行、だいたいアホ2人が原因で逮捕される遊矢一行。



そんな訳で収容所送りの遊矢とクロウとアホ2人、とばっちり逮捕のシンジ。薄々勘付いているのか融合を使うセレナを特別処置、他の4人も隔離して情報を引き出そうとする長官。
デュエルディスクは没収。勝手なデュエルも禁止。でもデッキは返却。これ普通にデュエル出来ちゃうんじゃ…



セキュリティの職務怠慢は基本。本来なら全員隔離される筈が運良く全員雑居房に。おまけになんと漢権現坂とデニスまでいる始末。
何故か黒咲がいないが、入所即乱闘で10人ぶっ倒して独房行き。何してんのこの人闇デュエル場じゃなくて収容所で10連勝してんのフレンドシップカップのチケットをリアルファイトで手に入れる勢いだよこの人。



入所してからチラホラ見かけるカードの手渡し。この収容所ではカードは看守を買収したり待遇を良くしたりするキーアイテム。まさに「命の次に大切なもの」。なのでデッキは返却したんですね。


デュエリストの魂に乗っ取りカードをそんなことに使うのは間違っていると遊矢は断言するが、漢権現坂とデニスは人助けのためにカードを手放していた。カードによる買収も使い方次第。でも沢渡はもう少しデッキを大切にしましょう。



そんな説明を受けてる間に看守にある場所へ移される。そこには徳松と呼ばれる初老の男性が。ちなみにこの人ボスと呼ばれ10年収容所にいるらしく、長年のデュエルで手に入れた大量のカードで看守達全員を買収している模様。いやもうそれ収容所にいないでカード使って出て行った方がいいと思うんだけど…


この収容所でまともに生きたいならカードを渡せと言う徳松だが、勿論遊矢達はそれを拒否。
長いこと収容所にいて「デュエル=力」という答えに行き着いた徳松、それは間違っているとデュエルを挑む遊矢。ハーピィの羽箒≒デュエルディスク2つ。



徳松のデッキは花札衛(カーディアン)と呼ばれる花札デッキ。1ターン目からすっ飛ばし、デュエルパートをほぼ使用するソリティアもといこいこいでモンスターを出しては取り札、出しては取り札、最終的にフィールドに花札で言うと「五光」を揃え、「花札衛-雨四光」シンクロ召喚。クロウとシンジは徳松のデュエルを何処かで見たことがあるらしいが思い出せない。元プロデュエリストとか?


一方徳松のソリティアに対抗するようにペンデュラム召喚を行う遊矢だが、徳松の罠カード「イカサマ御法度」によりペンデュラム召喚は全て手札に戻る意味の無い召喚となってしまう。どっかで見たことあるぞこの光景。今は亡き妖仙ロスト・トルネードの簡易版だコレ。
ペンデュラム召喚=イカサマ」

f:id:spada_riri:20150619233402j:image


ペンデュラムだけでなく実質的にセカンドンキーなどによる1ターンエクシーズまで封じられ、おまけに雨四光の効果でドローする度に1500ダメージ。
通常召喚を行っていないため壁1体と残っていた(恐らく)伏せカード1枚は出せるが、現在の遊矢のライフは2500。雨四光の処理に失敗した為次の徳松の攻撃を900ダメージで止めなければ敗北。果たして遊矢は2枚のカードで生き延びることが出来るのか。