読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

アア、オワッタ・・・・・・・・!

ARC-Ⅴ 61話 花札王ARC-Ⅴ

f:id:spada_riri:20150622025509j:image

↑今週の遊矢



収容所で花札をしたそんな前回



前回からなんか徳松を見たことがあると言っていたクロウとシンジ、2人は徳松を「エンジョイ長次郎」と呼ぶ。何だその外見とデッキに対してまるで合っていない名前は…
しかし徳松はそれを否定し「秋雨の長次郎」と名乗る徳松。デュエルで敗れ去った囚人達の涙からそんな名前が付いたらしい。どっちかと言うとそっちの方が似合ってる。



雨四光のドロー時1500ダメージ効果は徳松がカードを引いた瞬間に失われるが、雨四光の効果でドローを破棄出来る。徳松はドローを破棄し1500ダメージを優先。普通に攻撃普通にターンエンド。
雨四光、出す手間に見合った効果だけどそれで手札0になっちゃ辛い。

f:id:spada_riri:20150622025900j:image

何処となく漂う無手札必殺・零式感。


ペンデュラム召喚も封じられ、出せるカードも無く魔法・罠も引けない遊矢はひたすら裏守備で防御。しかし雨四光の効果でライフは削られ、ついに1500を下回りターンエンド。ほぼ敗北確定。



クロウとシンジは思い出す。かつてコモンズの希望とあり続けたデュエリスト、徳松長次郎の姿を。
かつての徳松はコモンズ出身のデュエリストだったらしい。勝ち負けに拘らずひたすらにデュエルを楽しみ、ここ一番のドローで観客を沸かせたデュエリスト
エンジョイ長次郎と呼ばれ有名なデュエリストになってもコモンズの子供達にデュエルを教え、喧嘩をする若者がいればそれを止めデッキを渡す。
「デュエルってのは唯の勝負事じゃねぇ。相手を知り己をも知る、そしてそれが互いの絆になる。それがデュエルだ…」

トップスで輝くジャックと同じ立場のようで全く違う道を選んだ徳松。もうこの人主人公で良いんじゃないかな…言っちゃ悪いけどこれ遊勝とキャラ被ってる


しかしそんな花道も長くは続かず、金にものを言わせたトップスからの狙い撃ちで敗北を重ね、観客も歓声も無くなっていく。やがてイカサマに手を出し、遂には逮捕。

f:id:spada_riri:20150622025330j:image

デュエルは楽しむものではなく力と考え、運に任せたドローを棄てひたすらに勝つことだけを追求して10年。そのコンボで今遊矢は敗北しようとしている。


絶体絶命の中引いたのは手札から捨てることで効果ダメージを無効にするEMレインゴート。そしてEMが墓地に捨てられたことでEMギッタンバッタが蘇生。ギッタンバッタは1ターンに1度戦闘で破壊されず、相手ターンのエンドフェイズに墓地へ送ると墓地のLv.3EMを手札に加えられる。
これで徳松が雨四光の効果を棄てドローをしない限りギッタンバッタとレインゴートの

f:id:spada_riri:20150622030447j:image

が成立する訳である。


10年無敗を続けて来た徳松と対等に渡り合う遊矢。何処から聞き付けたのか囚人達は遊矢と徳松のデュエルを見ようと、カードを手放し徳松の監獄へ集結する。


今まで通りならドローを破棄。しかし徳松はドローを破棄しなかった。10年振りとなるドロー。勝つためではなく、かつてのように楽しむために引いたカードは徳松が現役時代に愛用していたここ一番のカード、「超こいこい」。3枚のドローで全て花札衛を引き当て、場に「猪鹿蝶」の役を揃える徳松。シンクロ召喚を果たし、召喚されたのは「花札衛-猪鹿蝶-」。10年振りのエンジョイ長次郎に沸き立つクロウや囚人達。雨四光と猪鹿蝶で遊矢の無限ループを破壊する。


徳松の見せたエンジョイデュエルに応じるようにエンタメデュエルを繰り広げる遊矢のラストターン。全ての準備を果たし、「ペンデュラム・ストーム」によりペンデュラムカードとイカサマ御法度を破壊。オオヤヤドカリとオッドアイズでペンデュラム召喚し、EMビッグバイトタートルと時読みの魔術師が出現。
ビッグバイトタートルの効果で戦闘した雨四光を破壊、オッドアイズのペンデュラム効果でダメージを無効。オオヤヤドカリのペンデュラム効果でオッドアイズがフィールドへ移り、猪鹿蝶を攻撃。しかし「札改め」で破壊耐性を付けられ、突破に失敗する。
しかし遊矢の手札の最後のカード、「ペンデュラム・クライマックス」により時読みをリリースし、墓地に存在する同じレベルの相手モンスターをオッドアイズに装備。「花札衛-桜に幕-」を装備し攻撃力が1000アップし2回目の攻撃権を得たオッドアイズの攻撃で幕は下ろされた。


互いに健闘を称え合う2人。そこに居たのは秋雨の長次郎ではなく、エンジョイ長次郎だった。



シンクロ次元に来てようやくマトモな回を見た気がする…