見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 62話 入所翌日脱獄

f:id:spada_riri:20150705013138j:image

流石に展開の雑さに焦りを隠せません



君も一緒にエンジョイ花札。シンクロ次元来てようやくまともなデュエルだった前回。



前回のデュエルで徳松と和解したことで随分とまともな監獄ライフを満喫する遊矢一行。そこに脱獄しようとしたことで看守たちに拘束され、何処かへ連れて行かれる囚人。この収容所では脱獄者が出ると連帯責任で関係者全員に罪が及び、1人として帰ってこないとかなんとか。そこに力入れるならもうちょっと普通に仕事したらどうですか…



そんな訳でシンジと徳松の案で「大エンタメデュエル大会」が開催決定。沢山の人の目の前でやってこそのエンタメデュエルとのこと。しかしそれはシンジとクロウの脱獄計画の1つだった。突如として遊矢と敵対することを宣言するクロウ。元のキャラからブレすぎわろすわろすじゃない何だこれ。

そんな所にデイモンと呼ばれたクロウの仲間が姿を現し、遊矢をまるで前に会ったように話しかける。そうそれはユーゴ。現在ユーゴと柚子は街頭演説からビラ貼り活動をしており、融合次元の危険性を訴え続けているらしい。
にしてもこう何と言うかビラが完全に新興宗教の世界滅亡論みたいな…

f:id:spada_riri:20150705014025j:image



所変わって所長室。フレンドシップカップ出場希望者のリストからユーゴと柚子のエントリーシートが発見され、一発逮捕を狙う所長の指示で出場を許可される。ちなみにこのエントリーシート柚子の許可は一切取っておらず、ちまちまやってるより大観衆の前で次元戦争のこと言った方がいいというユーゴのアイデアによるエントリー。
そんなユーゴと柚子は孤児院に戻り、フレンドシップカップまで潜伏する模様。

前は地下デュエル場で10連勝したら出れるとか言ってたのに今回は応募式って出場条件が曖昧すぎませんか…



一方で祭りの準備を整え、大エンタメデュエル大会で盛り上がる収容所。しかしクロウに突き放されたことで、落ち込み気味の遊矢。
没収されたデュエルディスクも返却されたことで沢渡はアクションデュエルで大会開始。アクションデュエルとペンデュラムで観客を湧き立てる沢渡、1ターン目から超こいこい花札衛-猪鹿蝶-を速攻召喚する徳松。遊矢のターンが回ってくるが、クロウ達のことが気掛かりな遊矢はどうも乗り気になれない。


1人遊矢の異変に気付き、クロウから全てを聴き遊矢の気掛かりを無くすために動く漢権現坂、そしてデニス。よく分からないが立ち直った遊矢はデュエルを楽しむ決意を固め、徳松と沢渡もそれに続く。1枚のアクションカード目がけて疾走する3人。しかしそこは脱獄しようとしているクロウ達の目の前。
駆け付けた囚人と看守に脱獄がバレてしまい、絶体絶命の危機に陥るも、ここぞとばかりに喧嘩と暴れ回る囚人達とレアカードをばら撒き看守達を引き付ける徳松の部下の活躍で脱獄する遊矢達。

一方で黒咲とセレナ救出に動いていた漢権現坂とデニスは無事に2人を救出(黒咲だけ自力で脱獄した上に保管庫を素手で破壊しデュエルディスクまで回収)。そんな訳で収容所編完結!雑の一言!これでまたデュエル中断が1つ追加だよ!何だこれ!

f:id:spada_riri:20150705015437p:image