読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

アア、オワッタ・・・・・・・・!

ARC-Ⅴ 63話 脱獄即再逮捕

f:id:spada_riri:20150708025016j:image

今となっては放送できないだろうけど、思えばマーカーも付けられなければ拷問もされず謎電流も流されずカードを隠したりしないし鼻毛も飛ばされない収容所編だった



物凄い雑な展開で遊矢たちが脱走した前回。



沢渡の謎判断で脱走するも収容所の屋上に辿り着いてしまう遊矢・沢渡・徳松。そこに現れたのは明らかにデュエル関係ないフル装備の3人、捕縛隊。レアカードばら撒いて逃げようとするも、そんな物に眼もくれないと否定する徳松。いやそれが普通なんじゃないですか…
遊矢と徳松の説得も聞かず、またしても沢渡の特攻で捕縛隊3人とデュエルすることに。あとこの人達凄くセリフが聴き辛い。TRAVAのライターくらい聴き辛い。

f:id:spada_riri:20150708025302j:image



啖呵切って挑むも3体の「ゴヨウ・ディフェンダー」により返り討ちにあう沢渡。逃げることに決定。
ランニングデュエルからのフォーリングデュエル。遊矢もデュエルに乱入するが、ペナルティでいきなりの2000ダメージ。赤馬社長さん何でデメリットになる乱入ペナルティ残したままなんですか…



次々と湧いてくるゴヨウ・ディフェンダー。3人目の捕縛体はゴヨウ・ディフェンダーから「ゴヨウ・キング」シンクロ召喚。単騎で遊矢を追い詰め、沢渡のモンスターを奪い、乱入してきた漢権現坂のモンスターを全て奪うキング。何でゴヨウ・ガーディアンが禁止になったのか学ばなかった効果ですねゴヨウ・キングさん。



全員ライフを削られ場にカードは無し、どうするんだこの状況と思ったら、この次元でイキイキとシンクロ狩りをしていた黒咲が何処からか乱入。指定したレベルのモンスター全てを指定した種族に変える「RR-リグ」で奪われた全てのモンスターを鳥獣族に、コントロールを奪われたモンスターでエクシーズ召喚するレスキュー・エクシーズ」でRR-ライズ・ファルコンをエクシーズ召喚し容赦なくゴヨウ共を焼き払い捕縛隊3人を1人で葬る黒咲。この次元この人さえいれば全部解決する気がする。

f:id:spada_riri:20150708020507g:image



クロウと合流し、クロウの協力者の合図で遂に収容所から逃げ切る遊矢。しかしそこに待ち受けていたのは多数のセキュリティ。そして治安維持局長官、ジャン・ミシェル・ロジェ。またしてもアッサリ捕まる遊矢一行。別次元で前科二犯だよこいつら。

しかし護送しようとするも行政評議会と名乗る組織から阻止され保護される遊矢一行。



保護され連れてこられたのは評議会のトップ5人のいる巨大な空間。そこには長いこと行方不明だった赤馬と月影、そして零羅の姿が。いったい何をしていたのかは謎だが赤馬は評議会の人間と接触し、別次元の話を信じさせるに至っていた。
一時的に赤馬とランサーズの味方となった評議会により、遊矢たちは評議会の保護観察下へ。しかしシンクロ次元を守るのはセキュリティの仕事と、納得の行かない長官は猛抗議。
一つだけ評議会がランサーズに与えた条件として、フレンドシップカップに全員出場し、シンクロ次元を守るに値する実力か見定めること。長官はこの条件に、フレンドシップカップのエキシビジョンマッチでジャックに対し遊矢を戦わせることを決定させる。断ろうとするが、柚子の存在を後ろ盾に断ることのできない遊矢。収容所の次は評議会により拘束である。

次回遂にジャックが登場



意外なことに徳松がデュエルチェイサーの結成とフレンドシップカップ開催のきっかけだという。コモンズの希望の星だった徳松が逮捕されたことでコモンズの連中が暴動を起こし、これを鎮圧するためチェイサーが結成、しかし解決に繋がらずコモンズとトップスの親交を深めるためにフレンドシップカップを開催したらしい。徳松何気に凄いですね…