見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 65話 光源替わりのドラゴンカード

f:id:spada_riri:20150815013812j:image

取り敢えずレベルの低いカードは挑発と受け取る遊戯王界の謎



ジャックにボコボコにされた挙句にデュエルそのものを否定された遊矢なそんな前回。



長官の計画通りユーゴと柚子を逮捕しようとするセキュリティ、最早職権乱用レベルにセキュリティに介入してくる行政評議会。そこそこ長い隠遁生活と逃走劇の果てに、評議会により当面の安全は保障された模様。



評議会の宿舎で目を覚ます遊矢。評議会の5人は負けたらどうこうとか言ってたけどエキシビジョンマッチだったから負けに含まないとのこと。
評議会からの説明を受け終わると共に  突然オッドアイズとダークリベリオンが光りだし、ユーゴと柚子の存在に気付く遊矢。ちなみにクリアウィングも光ってるけどユーゴは一切気付いていない。
何処にいるのか分からない柚子に呼びかけ、エンタメデュエルで戦いをやめさせると言いかけるが、ジャックから言われた言葉が最後まで言うことを許さない。ユーゴの懸念した通り、遊矢もジャックに負けたデュエリストと同じ穴に落ちようとしている。


昨夜のデュエルを思い出し、荒々しくも計算高いデュエルに気付かされる。後先考えず突っ込み、盛大に敗北し、エンタメデュエルさえも忘れた自分に苛立ちと悔しさを隠せない遊矢。
その時ドアの隙間から1枚のカードが。渡したのはエキシビジョンマッチで遊矢の案内人をした少年、サム。そのカードを決勝戦でジャックに返してほしいと語る。
コモンズに生まれたサムは同じコモンズのジャックのファンだった。ずっと活躍を見続け、キングとなったジャックに再び会いに行くが、そこにいたジャックは人が変わっていた。コモンズを見下し、カードはないけど応援し続けると言ったサムに、「なければくれてやる、お前に一番相応しいカードをな…」とレベルも攻撃力も低いのカードを渡し去っていくキング。


うんこれサムの勝手な思い込みなんじゃねーの。遊戯さんみたく「ラッキーカードだ、こいつが君の所へ行きたがっている」とか言いながら渡せばよかったんじゃねーの。

f:id:spada_riri:20150815013110j:image



所変わってフレンドシップカップ会場。ジャックと同じコモンズの出身としてクロウとシンジの紹介されるが、「ジャックはコモンズでなくトップス」「ジャックはコモンズの裏切り者」と騒ぎが起きる会場。実際の所コモンズからの成り上がりとして認められてなかったり、サムみたくトップスに魂を売ったとコモンズが僻んでたりとまぁキングって割には賛否両論の模様。クロウがジャックを裏切り者って言ったのはこれなのね。



遂に始まるフレンドシップカップ。完全に身内大会だよこれバトルシティじゃねーんだぞ一回戦もさっそく漢権現坂vsクロウだぞ。
見た所部外者が16人中2人しかいないんですけど…しかもその内1人はデュエルチェイサーだし。