見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 72話 ニゲ馬車ライディングデュエル

f:id:spada_riri:20150910212607j:image

遊星の演出入ったけど5D's終わって既に4年経ってるとか時間の流れ速すぎわろす
わろす…



久々に目が赤く輝き、新たにオッドアイズ・セイバー・ドラゴンが降臨した前回。



2日目6回戦、ユーゴvs沢渡シンゴ。魔界劇団手に入れてから一度たりともまともなデュエルしてないけど、ようやくまともなデュエルか…
今回の沢渡エンタメ劇場は「ドラゴン征伐」。果たしてクリアウィングのアホみたいな耐性をブチ抜けるのか。


ユーゴがクリアウィングを召喚したことにより、またまた光り輝く遊矢のデッキ。しかし何時もと変わり空間が緑色に輝き、オッドアイズから何かを感じ取る遊矢。
ユーゴとシンクロしたかのように同じことを喋り、まるで今自分が沢渡とデュエルしているかのような錯覚に陥る遊矢。これはいったい何なのか。



やはりクリアウィングは強い。オマケに「竜の束縛」によるクリアウィングの攻撃力以下の特殊召喚と「追走の翼」による戦闘耐性付与とレベル5以上の戦闘を封じるコンボに思うように動けない沢渡。
ビッグ・スターと魔界台本でクリアウィングをバウンスしようとするが防がれるもすぐさま戦法を変え「魔界大道具『ニゲ馬車』」と「魔界劇団-プリティ・ヒロイン」によるクリアウィングの攻撃力ダウンを狙い、見事成功しクリアウィングの攻撃力を0まで叩き落とす。



遂に意識を失い完全にユーゴとシンクロする遊矢。セリフだけでなく表情や動き、果てには遊矢が知らない筈のユーゴのデッキさえもを理解する。
アクションカードでギリギリ敗北を回避し、勝利を託したラストドロー、引き当てたのは勝利のキーカード「SR ダブル・ヨーヨー」。1枚のカードから勝利への道が繋がるという遊星を思い出す懐かしい演出。



ダブル・ヨーヨーと三つ目のダイスのシンクロにより出現した「HRS マッハゴー・イータ」。
自身をリリースすることでフィールドのモンスター全てに「レベルが変動した時更にレベルを1上げる効果」を付与。更に「ハイ・スピード・リレベル」でフィールドの全モンスターのレベルを除外したマッハゴー・イータと同じレベル5にすることで、強引にクリアウィングの効果圏内に持ち込み、レベルを1上げる効果を強制的に発動させ沢渡のフィールドを一掃しながら攻撃力を上げユーゴ勝利。ユーゴのデュエルにハズレはないな。

にしてもこれで沢渡は遊矢・ユート・ユーゴとユーリを除く遊矢達に全敗か…



デュエル終了と共に意識を取り戻す遊矢。途中から遊矢からユーゴに干渉していたけど、また遊矢達とドラゴンの謎が増えてしまった。