読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

劇場版遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

f:id:spada_riri:20160504233952j:image 
 

観てきました。というか久しぶりに遊戯王と呼んでいい遊戯王を観た気がする。

 
 
 
感想と言ってもこれと言うほど書くことがない。そんくらいシンプルに纏まってたし。
 
 
 
デュエルに関してだけど、視聴者に見せるデュエルって言うより魅せるデュエルだよね。説明とか殆ど破棄してカードテキストも事前に調べておくか見て流れで感じろとばかりにすっ飛ばして、モンスターがスクリーンでドンパチ暴れ回ってる。
ターンや一行動の合間に説明のセリフを極限まで挟まないから、ほんと初期のバニラモンスター同士の殴り合いを見てる感じ。実際ブラックマジシャンと青眼はバニラだけどね。
まぁカードやってない人から見たら何やってんのこいつら感尋常じゃないだろうけどな…僕ももう遊戯やってないし事前に一切調べてないから何が起きてるのかは分かるけど詳しくはサッパリだったし。
方界はマジで言ったもん勝ちなんじゃないかな…と思いつつ観てました。
 
 
 
しかし盗賊王バクラもとい千年リングはアレだな、凄いな!DMは兎も角原作でひたすら悪を貫いてそのまま砂となって散って行ったけど、 劇場版でも実はコイツが全部原因でしたみたいに出てきておまけにラストも千年リングだしもうコイツ名誉悪役会長でいいよ。シャーディーが千年アイテムの3つは善、3つは悪って言ってたけど千年リングだけ突出して悪すぎるだろ。これ 千年リングの しわざです。
メンバーの中で一番過去が不明瞭だったバクラと結局何だったのコイツ感あったシャーディーもといシャーディー・シンを上手く使ってたなぁと思ってたり。
 
 
 
監督桑原だけど多分コイツが深く干渉したシーン少ないんじゃないかな。まぁ脚本もコンテも原画も全部和希が関わってるしな。
いやでも桑原感は要所要所に感じたよ。やたら長い演出とかダメージ受けて吹っ飛んだりゴロゴロ転がるシーンが何故か多かったりモンスター召喚時に呪文詠唱したりするところとか。というかゼアル様よりの作品だけどね今回の劇場版。
いや呪文は5D'sからやってるようなモンだけどね。でも一回セリフ考えた後に辞書ひいて難しい単語に置き換えてるゼアル様感はあるよね。
「僕は○○を召喚!」とか「現れよ!○○!」とか言ってた遊戯さんや海馬が急にゼアル様式呪文詠唱してんのは違和感あったね。
 
 
 
劇場版という作品通して何度となくアテムが登場して、最後は再びアテムが現れ勝利し千年パズルと共に消えていったけど、僕の中ではあれは全部アテム本人であってアテムでないって事に落ち着いたんだけどこれで良いんだろうか。
藍神が何度も言ってたけど人の集合意識や認識から存在が確定するって言ってたし、海馬が作り出したアテムや城之内の世界に現れたアテム、ラストターンに遊戯さんの元に現れたアテムも皆それぞれのアテムであってアテムでないんじゃないかと。自分でも言ってる意味分かんないや。
少なくともアテムは冥界に旅立って行ったままだし、一度も蘇えってないよって話。
 
DMでは闘いの儀に立ち会い遊戯さんを真のデュエリストと認めてアテムを送り還すことを受け入れた海馬だけど、原作だとこうもアテムへの執着が海馬の人生を作ってるってのも凄いよな…
ここだけの話僕の中の海馬像は自分で再現したアテムにも絶対に勝てないイメージがあった。
 
 
 
つーか時代設定どうなってんだマジで。原作は携帯電話が普及しててVHSやカセットテープが現役だったからおよそ2000年になるかならないか辺り、そこからソリッドビジョンが登場しただけでも凄い技術の発展なのに、更に僅か1年で携帯はスマートフォンになり謎技術で映像が実態化し宇宙に進出し新型デュエルディスクは訳解らんとあの世界の人たちは時代の移り変わりに付いて行けているのだろうか…
 
f:id:spada_riri:20160504234113j:image
 
 
 
しかしほんと風間俊介は凄いな…本業俳優で3年おきくらいにしか声優やらないのに、超融合の時から劣化してないどころかまた上手くなってるし。普段何してればこうなれるんだこの人。
 
 
 
観に行く前はひたすらに不安しかなかったけど、観てみればあー遊戯王観てるんだな自分って気分になる作品でした。恐らくもうこんな形の遊戯王は観れないと思うけど、それはそれで良いんじゃないかなって思ってたり。
遊戯王の先を描いてくれた高橋和希に感謝。
 
 
 
ところで貰ったガイアロードさん使い道無いんだけどどうすればいいの?