読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

アア、オワッタ・・・・・・・・!

ARC-Ⅴ 102話 まさかの負け確デュエル

遊戯王 感想

f:id:spada_riri:20160912161727j:image 

 

銀河眼ゴリ押し戦法まんまゼアル様のカイトで笑った。何でそこリスペクトしたんすか。

 

 

 

やたら普通のデュエルを怒りと評してた前回。

 

 

 

という訳で話聴かない天城カイトvsやたらジャックを連呼する遊矢。

 

まさかの初手銀河眼の光波竜。オリジナルの銀河眼なら兎も角何でコイツを先行1ターン目で…?

そして話を合いと言う名の攻撃力上げてぶん殴るのも受け取り拒否。そのままパクられてさっきと全く同じカードを繰り出すカイト。バリエーションないねー。

 

珍しくアドバンス召喚したと思ったら問題のカードオベリオン降臨。そしてそのまま2倍合戦に突入。オベリオンさん思いっきり破壊活動してたんですが良いんでしょうか。

 

 

 

カイトを止める為とはいえまさかのメインフェイズ2でダークリベリオンをエクシーズ召喚。光波竜を1ターン目で出すわメイン2でダークリベリオンが出るわ何だこれ。

 

そして一人失踪してた黒咲が見たことない人を連れて帰還。いやだから「俺の信じた榊遊矢」って言われてもその描写がシンクロ次元で発生してないんですが…

 

ところでユート・黒咲とカイトが結構交流あった事が明らかになったんですが、何でカイトは遊矢を見てユートと勘違いしないしユートはカイトのカードを知らなかったんすかね? 

 

 

 

また回想で笑顔って言ってるぞユートお前持ちネタなのかそれは。笑顔を…が10回になっちまったぞ。