読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

ARC-Ⅴ 126話 †覇王竜ズァーク†

f:id:spada_riri:20161017165852j:image 

 

何でリアルソリッドビジョンなのに管理者の方で消したり出来なかったん?

 

 

 

覇王烈竜が降臨した前回。

 

 

 

ユーゴとユーリが久々に対面。エドっぽい人はドクトルを叩き潰そうと去って行く。そう言えば同じ理由でもう随分と出てないカイトは何やってんだろ。

 

 

 

へー遊勝と零王は知り合いだったんですか。そして無から有を生み出せる大天才の零王はリアルソリッドビジョンの開発者なんだと。

という事で回想開始。下町にありそうな小さな工業所でかつての遊勝と零王は出会ったという。髭生えてないけど相変わらずのタキシード遊勝に髪が生えてる工場スタイル零王。

てか小野電気工業所って。小野勝巳お前は引っ込め。

小さな工業所で作り出されたリアルソリッドビジョンは2人の手により進化し、アクションデュエルに至ったらしい。

 

 

 

しかしリアルソリッドビジョンは既にあった技術を真似て作ったものだと語る零王。曰く高度に発展した一つの世界で生み出された技術らしく、その世界ではインテリア程度の物だったとか。

その世界の人間であり、もっと高度なものを作り世界中を驚かせたいと思った零王はデュエルモンスターズにリアルソリッドビジョンを導入しようと思ったらしい。そして実際にそれをやってのけ、まるで生き物のようなものを作り上げた零王。

 

ある日モンスターの声が聴こえるという1人の男が現れ、次第にデュエルを勝ち進みやがて有名デュエリストの1人となる。ある日その男がリアルソリッドビジョンの事故で対戦相手を傷付けてしまうが、観客はそれを褒め称えその男も過激なデュエルに身を投じ、周りのデュエリストもそれを真似てしまう。

しかし圧倒的な強さを持った男はデュエル界のスーパースターとして君臨。名をズァーク。

リアルファイトを求めた観客に応じて次々と進化して全ての召喚方と4体のドラゴンを操るズァーク。

 

遂にリアルファイトって単語出ちゃったよ。

 

 

 

所変わりユーゴvsユーリ。クリアウィングとスターヴヴェノムが出現すると同時に光り輝く遊矢のデュエルディスク、何かに恐怖を抱く零羅、前回同様何かに反応する遊矢たち4人。

何か急に零羅は人の心を読み取れるとかどうこう言ってるけどそんな設定無かったような…

 

研究室ではエドっぽい人とどっかに行ってたカイトが黒咲を救出。結局黒咲の状態異常は何なんで?

 

 

 

何だかんだで世界チャンプとなったズァークの手に握られていたのは見慣れた4体のドラゴン。そのドラゴンを使い破壊衝動のまま殺戮を行うズァーク。零王の連れていた謎少女曰く4体のドラゴンが怒りを抱いているとか。

遂に始まるモンスターvs近代兵器。しかしリアルソリッドビジョンにより身体と怒りを手にしたモンスターは近代兵器を遥かに上回る強さを得てしまったらしい。

だがそれでも満足できなかったズァークとドラゴン。「アストログラフ・マジシャン」なる謎の魔法使いを召喚し、その力で飲み込まれていくズァークとドラゴンたちは「覇王竜ズァーク」と化す。この時時詠みと星詠みが光り輝いていたがコイツらも何なんだろう。

 

神に近い存在となったズァークに最早為す術なく滅びる世界。1話で収まりきらなかったので次回に続く模様。