読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るからに銀

アア、オワッタ・・・・・・・・!

ARC-Ⅴ 141話 まさかの総集編

遊戯王 感想

f:id:spada_riri:20170206002743j:image

 

ラスト数話の内何割かを総集編で潰そうとするARC-Ⅴクオリティにもう感服するしかない。

 

 

 

全裸で説得したら遊矢が復活してチート使ってズァークさんを葬った前回。

 

 

 

開幕全裸柚子&PPAP遊勝。改めて観るとこの謎後光何なんだろう、ていうか先週の話とか凄まじいスピードでねじ込みまくったんだから回想要らないでしょ…

ていうか懐かしいですねこの冒頭の語り。でもOPは戻さないんすか。

 

 

 

何百話ぶりの榊邸、何十話ぶりのスタンダード次元だろうか…

飛び起きて遊勝塾に遅刻した遊矢に塾長からのハリセンが炸裂するが、塾長はハリセンが何であるのかを思い出せないし、遊矢は自分の使っていたローラーブレードがアレンから貰った物という事も思い出せない模様。

ところで柚子が居ませんが何処に行ったんですかね、相変わらず画面に映らない脚痛面白おじさん遊勝は失踪せず色んな国でエンタメデュエルの布教を行ってるみたいですが。  

 

というかこんなイキイキしてて余裕のある遊矢何百話ぶりに見たかな…

なんかもう陰気な遊矢が普通になってたから違和感しかない。

 

 

 

そしてこの1vs3デュエルである。そしてサラッと遊矢・沢渡・赤馬以外で使われるペンデュラムカード。

どうやら遊矢の住むスタンダード次元は皆がペンデュラムカードを使うペンデュラム次元に変貌したらしく、それを知覚してるのは赤馬一家だけの模様。

 

それはさておき遊矢にジュニアユース選手権の招待状が届き、LDSにエントリーしに行ったら漢権現坂・沢渡・赤馬と遭遇。この時点だと沢渡とは殆ど接点がなく赤馬とは敵対関係だった筈なのですが随分親しげ。

このジュニアユース選手権、出場者が遊矢たち3人と月影の僅か4人。その月影は全員と初対面のような自己紹介をしており、かつて見たアクションフィールドと月影の存在も合わさり何かを思い出す遊矢。

 

 

 

そしてこの4人によるバトルロイヤルである。いやもう懲りようよ何で元の世界に戻ってまで同じような事やるんだよ。

てか遊矢が初手ペンデュラムしないでカード伏せる光景の異次元っぷりがヤバい。本当に彼は初手ペンデュラム伏せ無しアクションカード拾いマンの遊矢なのか…?

 

沢渡のターン。自身1枚の時のみ攻撃力が2倍になる「魔界劇団カーテン・ライザー」を召喚し遊矢を狙うが安定の回避。

漢権現坂はカゲボウ-Cからビッグベン-Kを召喚して同じく遊矢を狙うもカバー・カーニバルに防がれる。あれこれもしかして漢権現坂シンクロ召喚失って退化してる?

 

 

 

月影のターンだが突然月影が舞網チャンピオンシップの名前を出し、それを聞いた遊矢や観客を含む全てがそれを思い出す。あれっ今回もしかして回想回?ていうか「思い出すでござる!」って言われた途端に思い出すって柚子とアレンの存在感薄すぎない?

どうやら月影も元の記憶を取り戻しているらしく、ペンデュラムカードを引っさげ赤馬指示の元参戦したらしい。あとなんか月影の兄日影と遊勝が出て来ました。 遊勝脚痛めてない!脚痛めてないぞこの人!

 

「黄昏の忍者-ジョウゲン」と「黄昏の忍者-カゲン」でシンゲツとゲツガをペンデュラム召喚。ペンデュラムカードと風魔手裏剣を合わせてワンキルを狙う月影に絶体絶命の遊矢。

てか何で3人して遊矢集中攻撃してんの?

 

 

 

動機と原理は不明ですが遊矢を容赦なく叩きのめそうとすると零羅が笑顔になるみたいですがちょっと意味分かんないですね、というか赤馬母はもともと零羅を道具としか思ってなかった筈では…