見るからに銀

その昔ARC-Ⅴというアニメありけり

遊戯王VRAINS 3話 説明→デュエル→説明

f:id:spada_riri:20170525004401j:image

 

デュエルして欲しいなーって。

 

 

 

竜巻からカード拾った前回。

 

 

 

広場に居た観客明らかに減ってない?

前回負けたうっかりハノイさんは遊作諸共自爆しようとするも、ディスク内に閉じ込めた筈のイグニスが飛び出して来て変形してハノイさんを喰らい尽くして無理やり自爆を止めました。

 

あとリボルバー様が遊作リスペクトして3つで要点挙げてましたけど何なんですかね。

 

 

 

1日明けたら現実でもリンクヴレインズでもPlaymakerが大人気になったらしく、放送特番組まれてたりマスコミが調査してたり偽Playmakerが大量発生してたり。

おまけにスピードデュエルをトライしてみた市民が多発してるとかなんとか。

 

一方本人の遊作はデータストームから拾ってきたデコードトーカーさんのデータを出力してみたら本物のカードとして再構築され始めたらしい。僕の危惧してた毎デュエル毎竜巻毎同名カードドローだけは避けられたみたい。

あとイグニスは勝手に「Ai(アイ)」って名前付けられました。

 

 

 

また一方で遊作とイグニスを追っているSOLテクノロジー社は謎のジャーナリストに加えて1話からちょろちょろ出てたカリスマデュエリスト・GO鬼塚を嘘の情報と報酬で協力を仰ぐが鬼塚はこれを拒否。でも受けざるを得ない状況っぽい。

 

遊作はイグニスのデータからリボルバー様の存在を知りついでにニアミス、リボルバー様は父やら何やらで訳ありの人物の模様。

 

 

 

あとなんか鬼塚がPlaymaker目当てにリンクヴレインズにGOしたりうっかりハノイさんが復活して遊作にリベンジマッチを宣言したりアイが遊作のお手伝いロボットを言い包めて脱走計画を実行しようとしてましたが、

何で今回デュエルしないんですかね?